カイリさんの歯石取り

うちの長女猫カイリさん。
今年で5才なので、獣医さんに歯石取りを勧められてて
おととい行ってきました。

カイリさんは大の病院嫌いで、病院に連れて行くと
うちでの人なつっこさはウソのように
「ゔぅぅぅぅ シャー!!!」っと威嚇して暴れます。
避妊手術の時からなので、避妊手術でよほど痛いことをされたのか、
私が里親募集でもらう前の子猫の時に人間に何かされたのか・・
原因ははっきりしないんです。

このままでは高齢になって腎臓病とか何か病気にかかった時に
病院で処置できない子になってしまうので、
慣らすためもあってちょくちょく病院に連れて行ってはいるんですが・・。
あまり改善はされてないです。どこの病院でも怖いみたい。


猫の歯石取りって私も初めてだったんですが、全身麻酔して行うんです。
全身麻酔って人間でもそうだけど、体に負担がかかるしリスクもある。
それでも、歯が汚れてて歯周病菌で内臓や脳をやられる猫さんも多いらしいので
思い切って行ってきたのですが。。

病院でキャリーから出ると、もう戦々恐々で暴れるので
まず血管注射ができません。
仕方なく筋肉に始めの麻酔を打ちました。
しばらくして、大人しくなってれば血管にあと少しの量で済んだんですが、
先生が近づくと興奮するので2回目も筋肉に注射。
またしばらく待ってやっと血管に注射できました。

3回に分けてこういう打ち方は普通しないんだそうです。
でも暴れるので仕方なく。。

白目向いて紫色の舌をだらんと垂らしてぐったりした愛猫はすごく痛々しかったです。

そしてやっと歯石取り。歯の根もとについてる黄色いのや黒いのを歯石取りの機械で取っていきます。
状態が悪いと抜歯が必要な時もあるらしいんですが、
カイリの歯はそんなにひどくなく、そんなに歯石も付いてませんでした。
歯磨きとかしたことないんですけどね。
主食はカリカリ(ロイヤルカナンのインドア)で2日に1度ぐらいネコ缶1/3をあげる程度、人間の食べ物は全く食べないのが良かったようです。

でも、問題はその後でした。

麻酔から覚めないんです。
ぐったりして体は冷たく、呼吸は浅いまま・・

つれて帰れると思ったら夜まで預けることになり、夜迎えにいっても覚めてなかったので
お泊まりになりました。

夜中の11時に病院に様子を聞くため電話したら
3回に分けて普通ではない麻酔のかけ方をしたので、いつ覚めるかはわからない。
突然死する場合もある。と言われました。

そんな、歯石取りの麻酔が原因で死んでしまうなんて、
今朝まで元気だったのに、私が無理に連れて行ったばっかりに・・!

すごくショックを受けて「大丈夫なんですよね?」って先生に食い下がってしまい
「あなたねぇ、生き物だから絶対大丈夫とは言えませんよ!そんな覚悟がないなら動物なんて飼うな!」
とかすごい怒られました。

結局次の日の朝に迎えにいって、大丈夫だったんですけどね。
ただ、私が「なんでそんな危険やり方したんですか!」って電話で言ったので
夜中に随分と麻酔が覚める薬だったり、排出させる薬を使って様子を見てくださったらしいです。

家に帰っても全身麻酔の後遺症のようで、泥酔した人みたいに
ふらふらしながらぶつかったりいきなり倒れたり・・
怪我しそうで危ないので夕方までキャリーに入れてました。
夜になると、大分普通に歩けるようになって、ご飯もモリモリ食べました。

そして、3日目の今日はもうすっかり元気です。
よかった〜〜!

ただ、今回大きな課題が残りました。
カイリは病院に連れて行かない方がいいのかもしれません。
ひどく興奮して尋常じゃないくらい暴れるので、相当体力を使うし、ストレスだろうし、
病院からも嫌煙される。
それでも、具合が悪い時は連れて行かないと仕方ないんですが、
今回みたいに連れて行ったがために危ない目にあうこともある。
そして私の猫溺愛っぷり。
人間より小さくて寿命も短い生き物なんだから、覚悟は確かに必要なんでしょう。
なかなか難しいですね・・。

e0246127_15504272.jpg
今朝のカイリさん
[PR]
by nekobear | 2013-06-07 15:54 | かんがえ事
<< 猫の健康をかんがえる 紫陽花 >>